肌に効果がある栄養素とは?

MENU

肌に効果のある栄養素とは?

肌に効果がある栄養素にはどんなものがあるでしょうか。

 

キレイな肌を保つための栄養素として有名なのがビタミン類です。
ビタミン類は体の中で作ることが出来ません。
ですから、食べ物やサプリなど、外からバランスよく摂取する必要があります。

 

そのビタミンの中でもビタミンCといえば、美白のビタミンで知られていますね。
シミやソバカスを防いでくれるので、配合されている化粧品も多いです。
またビタミンCは、お肌のハリには欠かせないコラーゲンの生成にも深く関わっています。
なのでビタミンCが不足すると、たるみが出てきます。
それだけにとどまらず、風邪を引きやすくなり、身体が弱っていきます。
ビタミンCは、柑橘類をはじめとする果物や野菜に多く含まれています。

 

ビタミンAは肌や粘膜の状態を正常な状態にに保つ役割があります。
ビタミンAが不足すると、肌がカサカサになったり爪が割れやすくなります。
レバーやニンジン、ほうれん草、カボチャやブロッコリーなど色の濃い野菜に多く含まれています。

 

そして細胞の再生を助けてくれるのがビタミンB2です。
不足すると粘膜の保護が出来なくなるので、目が充血したり、口内炎、口角炎になります。
牛乳、ヨーグルト、たまご、レバー、魚介類、大豆やニンジンなどを摂りましょう。

 

B2と同じように美容のビタミンとして不可欠なのが、ビタミンB6です。
タンパク質や脂質の代謝に深い関係があるので、不足すると色々な皮膚炎を起こします。
牛肉、鶏肉、レバー、魚介類、味噌、納豆、ほうれん草など、積極的に摂りたいものです。

 

血液循環のかなめがビタミンEです。
どんなに良い栄養素を体に摂りこんでも、隅々に行き渡らなければ意味がありません。
落花生、青魚、ひまわり油、オリーブオイルなどに多く含まれています。